医療関係者へ

日本循環器学会のACS(急性冠症候群)の診療に関するガイドライン

H22年4月のACSネットワーク立ち上げからH24年度までの救急搬送状況とデータ(札幌市消防局救急課提供)

ACSネットワークが良好に稼働し利用件数も年々増加してきていることが示されています。

H22年度の救急搬送状況と昨年度の比較データ(札幌市消防局救急課提供)

ACSネットワークが良好に稼働して、前年度に比較して「より近くに、より速く」搬送されつつあることが示されています。

札幌医師会会員の皆様方へ

H23年2月号の札医誌に掲載された記事を一部改変・訂正して転載します。ACSネットワークと循環器・呼吸器二次救急病院との異同や、患者発生時の対応について分かりやすく解説していますので、ご参照ください。

「札幌市ACSネットワーク:循環器救急疾患の死亡率低減と、100%受け入れ体制の構築を目指して」
札幌市ACSネットワーク代表世話人 村上 弘則
ここをクリックすると記事(pdf)をご覧いただけます。

「札幌市の急性心筋梗塞の実態と札幌市ACSネットワークの立ち上げ」

札幌市消防局救急隊の皆様方ご苦労様です。

H22/10/07
H22年4月1日から札幌市ACSネットワークがスタートしました。ホームページでの情報提供も今後徐々に充実させていきたいと考えています。急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome, ACSと略します)についての部署単位での勉強会などの要望がございましたら、遠慮なく以下のメールアドレスにご連絡ください。参加施設と相談して講師を派遣したいと存じます。


広報委員長 札幌厚生病院循環器科 神田孝一
(ロボットによる自動収集回避のためメルアドを全角にしてあります。)
dabbo@bekkoame.ne.jp

運営事務局

名称 札幌市ACSネットワーク事務局
設立 平成22年4月1日
住所 〒003-0809 札幌市白石区菊水9条3丁目1-17
連絡先 Tel (011) 788-3046 Fax (011) 788-3045

R2年参加病院(順不同)

現在 札幌市を4地区に分けて毎日4病院が当番病院となり、従来の呼吸器・循環器2次救急の当番病院とあわせて5病院が札幌市民の循環器急性疾患をカバーしております。

inserted by FC2 system